任意保険 特約

無保険車傷害保険(特約)はどこで使う保険なの?あまり知られていない大事な保険を解説!

自動車保険には、無保険車傷害保険(特約)という保険があります。この保険は自動車保険に加入するとほとんどの保険会社で自動的に付帯されることになります。

保険証券を見て知っている方がいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの方が自分が付帯されていることにも気付かないのではないのでしょうか。そんな影の薄い保険です。

しかし、この保険は相手が無保険車両であったときに、とても役立ちます。

この記事では、そんな影が薄いけど大事な保険である無保険車傷害保険(特約)について解説します。

事故が起きても保険の内容を知る必要は特にないですが、知識として知っていたい方はお読み下さい。

無保険車傷害保険(特約)とは

無保険車傷害保険(特約)は、自動車保険の「基本補償」と呼ばれる基本的な補償の1つになっています。この保険は自動車保険に加入することで自動的に付帯されます。

どんなときに補償されるの?

無保険車傷害保険の補償内容

無保険車との事故により、被保険者(補償の対象者)が死亡、または後遺障害を被ったときの費用を補償する

無保険車とは?

・自賠責保険が切れている、もしくは加入していない

・任意保険に加入しておらず、自賠責保険の補償では賄えない

・相手の対人賠償責任保険の保険金額を超える

・免責により相手が任意保険が使えない

・あて逃げなどで相手自動車が不明               etc...

無保険車傷害保険は、事故の相手が無保険車であった場合に、死亡・後遺障害を被ったときの費用を補償する「自分側の身体に関する保険」です。

無保険車とは上記で説明していますが、基本的には保険に加入していなかったり、加入していても十分な補償ではない車両のことを指します。

相手の事故の責任が大きいときに無保険車と事故を起こしてしまうと、相手に賠償する能力がないため私たちは泣き寝入りするしかありません。

そんなときに、相手の保険ではなく自分の保険で身体に関する補償をしてくれるのが無保険車傷害保険になります。

 

補償に関しては、「死亡」と「後遺障害」のみになります。ただのケガでは補償されませんので注意してください。

 

ちなみに、対人賠償責任保険とは相手を死傷させてしまったときの費用を補償する保険です。

対人賠償責任保険に関しては、下の記事で詳しく解説しているので興味のある方はご参照下さい。

対人賠償
対人賠償責任保険は無制限が良い!理由と補償内容をわかりやすく解説!!

【5分で読めます。】 対人賠償責任保険の補償は、無制限にする必要があります。 そのように聞いて、「自分の保険は無制限だったかな?」と思われる方が多いかもしれません。 もし「無制限」より下の設定であれば ...

続きを見る

誰に補償をするの?

補償対象 ・記名被保険者
・記名被保険者の家族(6親等以内の血族、3親等以内の姻族)
・契約車両に乗車中の方

用語

被保険者 ・・・ 保険の補償を受ける対象となっている人

記名被保険者 ・・・ 補償の中心となる方の事を指します。記名被保険者を中心として配偶者や家族を定めます。

無保険車傷害保険は、無保険車により上記の方が死亡・後遺障害を被ったときに補償を行います。死亡された場合は、死亡保険金が遺族に支払われます。

どんな事故を補償するの?

無保険車傷害保険で補償される事故

  • 契約している車両に搭乗中の無保険車との事故
  • 他の車両に搭乗中の無保険車との事故
  • 歩行中の無保険車との事故

無保険車傷害保険では、「契約している車両に搭乗中」だけでなく、「他の車両に搭乗中」や「歩行中」の無保険車との事故も補償します。

補償の上限金額は?

補償の上限金額
対人賠償責任保険の保険金額』もしくは『2億円

用語

保険金額 ・・・ 保険金の限度額のこと

無保険車傷害保険の補償の上限金額は、保険会社により異なりますが「対人賠償責任保険の上限金額」か「2億円」のどちらかになります。

相手が「自賠責保険」や「対人賠償責任保険」に加入していたけど補償が足りなかった場合はどうなるの?

「自賠責保険」や「対人賠償責任保険」で補償が足りない車両も、無保険車になります。このため、無保険車傷害保険で補償されることになります。

補償のされ方は、相手の「自賠責保険」や「対人賠償責任保険」の限度額まで補償がされて、足りない部分を無保険傷害保険で補償することになります。

任意保険に加入していない人は全体の15%もいる

損害保険料率算出機構によれば、賠償保険(対人・対物)の保険に加入していない人は25.6%(2017年版データ)にのぼります。

このデータは自動車共済のデータが入っていないので実質的は15%程度の人が任意保険に未加入であると言われています。

このことから、無保険車との事故はいつ起きてもおかしくないのです。このため、無保険車傷害保険はとても必要な保険と言えます。

無保険車傷害保険(特約)で補償されないケース

無保険車傷害保険では補償されないケース

  • 故意、または重大な過失による傷害
  • 酒気帯び運転、無免許運転、違法薬物吸引などの違法運転による傷害
  • 地震・噴火またはこれらによる津波によって生じた損害または傷害
  • 競技、曲技により起きた傷害

無保険社傷害保険では、被保険者が上記のような場合は補償ができません。これは明らかに、被保険者側に落ち度があるためです。

また、保険会社は基本的に地震等による災害に関しては基本的に補償を行なっていません。

これらの状況は悪意がないとできないケースがほとんどですが、補償されないケースがあるので注意して下さい。

まとめ

この記事のまとめ

  • 無保険車傷害保険(特約)は、無保険車により死亡・後遺障害を被ったときの費用を補償する保険
  • 15%程度の人が無保険車であるので、無保険車傷害保険(特約)はとても必要な保険

無保険車は、私たちが思っているよりも存在しています。これらの脅威に備えるためにも無保険車傷害保険が必要になってきます。

ただし、「死亡」や「後遺障害」になったときに補償される保険です。無保険車によりケガをさせられた場合は、補償されないので最低限の補償と言えます。

 

また、私たち自身が無保険車にならないことも大切です。この保険のようにある程度、自分自身で補償されることはありますが全てではありません。

自動車を運転するときは、相手に迷惑をかけない最低限のマナーが必要です。自動車保険の加入は、その1つです。

相手を思いやる気持ちを大切にしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

自動車保険の保険料を安くしたい「あなた」に!!

自動車保険の保険料は保険会社によって違います。現在、ご加入している自動車保険は満足のいく値段ですか?

安い自動車保険をお探しの「あなた」インズウェブで無料見積もりをしてみましょう!!

インズウェブでは最大20社の保険会社の見積が、たった5分でできます。

私も32,450円の保険料が安くなりました。まずは、無料見積もりから始めてみませんか?

インズウェブの無料見積もりは下のボタンをクリック!!!

自動車保険の無料見積もりはこちらから

インズウェブ自動車保険一括見積もり
 

 

  • この記事を書いた人

損保マン

元大手損保営業マン。 入社時に「事故担当(事故時の専任担当者)」を経験したのち、「リテール営業」を担当しました。この「事故対応」と「営業」の2つの経験を活かして本サイトを運営しています。

-任意保険, 特約
-, ,

Copyright© 損保マン , 2021 All Rights Reserved.