自動車保険

「ダイレクト型(通販型)」と「代理店型」の自動車保険はどう違うの?

【6分で読めます。】

自動車保険の保険会社は「ダイレクト型(通販型)」と「代理店型」の2種類が存在しています。

2つの保険会社の違いとして、

ダイレクト型(通販型)」の保険会社は、保険料が安いけど、補償や事故対応サービスがイマイチ・・・

代理店型」の保険会社は、補償や事故対応サービスに優れいているけど、保険料が高い・・・

と感じている方が多いのではないのでしょうか。

しかし、私が損害保険会社で働いた経験から言うと、この認識は全て当てはまるわけではありません。

理由としては、

  • 「代理店型」は代理店によりサービスの質が変化する
  • 「ダイレクト型」の近年の事故対応サービスの向上

が上げられます。

また、私は上の理由から「ダイレクト型(通販型)」をオススメしています。

「ダイレクト型(通販型)」「代理店型」はどう違うの?

自動車保険は「ダイレクト型(通販型)」「代理店型」はどちらがいいの?

と疑問に思われている方は、この記事で解説するので、ぜひ読んでみて下さい。

 

「ダイレクト型(通販型)」と「代理店型」の違いを理解して、ご自身に合った自動車保険を見つけましょう!

 

「ダイレクト型(通販型)」と「代理店型」の自動車保険の違い

ダイレクト型(通販型)」と「代理店型」の仕組みはどのようになっているのでしょうか。

ここでは、両者の仕組みについて解説します。

「ダイレクト型(通販型)」自動車保険の仕組み

「ダイレクト型(通販型)」の自動車保険は、インターネットを中心とした通信販売によって保険を販売しています。

代理店のような仲介業者を挟まず、直接、保険会社が顧客に保険を販売するので、「ダイレクト(=直接)型」と呼ばれています。

また、通信販売により保険を販売しているので「通販型」とも呼ばれています。

1998年の保険業法改定以前は、「代理店型」でしか保険を販売できませんでした。

しかし、改正後は、自由な販売方法が可能となり「ダイレクト型」の自動車保険ができました。

保険全体のシェアは「代理店型」に比べると「ダイレクト型」は1割程度と言われており、まだまだ低いのが現状です。

ただし、冒頭にも述べた通りに「事故対応サービスの向上」や「保険料の安さ」から、シェアは毎年伸びています。

そのため、今後の市場は成長していくことが予想されています。

 

「代理店型」自動車保険の仕組み

「代理店型」の自動車保険は、その名の通り代理店経由で保険を販売しています。

保険会社は、保険を専門として取り扱ってる専業代理店(プロ代理店)や、本業とは別に副業で保険を取り扱っている自動車ディーラーや自動車整備工場に、保険を販売してもらいます。

「ダイレクト型」に比べて「代理店型」の保険は対面で契約を行うので、保険の相談しやすい環境にあると言えます。

 

下記の記事で「保険会社と保険代理店の違い」を解説しているので、こちらも合わせて読んでみて下さい。

オススメ
「保険会社」と「保険代理店」の違いを学ぼう!

【5分で読めます。】 保険を取扱う多くの「保険会社」は、「保険代理店」を仲介して保険を販売しています。 ほとんどの方は意識していないと思いますが、保険を窓口で販売している全てが「保険代理店」なのです。 ...

続きを見る

 

「ダイレクト型」と「代理店型」の主な保険会社

「ダイレクト型」と「代理店型」の主な保険会社になります。

ダイレクト型 代理店型
保険会社 ・アクサ損害保険
・イーデザイン損害保険
・ソニー損害保険
・チューリッヒ損害保険
・三井ダイレクト損害保険
・SBI損害保険
・セゾン自動車火災保険
・セコム損害保険(ダイレクト、代理店どちらもある)
東京海上日動火災保険
損害保険ジャパン日本興亜損害保険
三井住友火災海上保険
あいおいニッセイ同和損害保険
AIG損害保険
セコム損害保険(ダイレクト、代理店どちらもある)

 

「ダイレクト型」と「代理店型」の自動車保険を比較

「ダイレクト型」と「代理店型」の自動車保険は、販売方法だけではなく、補償内容や、事故対応、保険料の安さ等が全く違います。

両者を比較すると下の表のようになります。

ダイレクト型 代理店型
保険料 代理店型に比べると安い ダイレクト型と比べると高い
保険の加入方法 主にインターネットで契約を行います。各種手続きに関しては電話、メール、FAX、郵送を行う場合があります。 店舗へ行き、対面で契約を行います。
保険の相談 電話、メール 対面、電話、メール
事故対応サービス ロードサービスのサポートはありますが、基本的には自分で対応します。 代理店が対応することが多いです。また、ロードサービスのサポートもあります。

ポイントとなる部分は、保険料事故対応サービスです。

「ダイレクト型」の自動車保険は「代理店型」の自動車保険に比べて保険料が安いですが、事故対応は自分自身で行わなけばならないという欠点があります。

ただし、「代理店型」の自動車保険は代理店が事故対応をすると書かれていますが、24時間365日対応してくれるわけではありません。

代理店が行う事故対応は、あくまで個々の担当者が対応できる範囲に収まります。

そのため、店舗や担当者が休日であったり、深夜の時間帯のため寝ていて対応できないときがあります。

事故対応においてはプロフェッショナルですが、全てが全て対応してくれるわけではないので注意が必要です。

 

「ダイレクト型」自動車保険は何故安いのか?

「ダイレクト型」が「代理店型」の自動車保険に比べて保険料が安い傾向にあります。

最大の要因は、上図のように「ダイレクト型」は、保険会社が直接顧客へ自動車保険を販売するため、保険代理店への手数料を支払う必要はありません。

そのため、「ダイレクト型」は代理店手数料の分だけ保険料が安くなっているのです。

 

「ダイレクト型」自動車保険の近年の事故対応サービスは向上している

「ダイレクト型」の自動車保険の一番の心配は、事故対応サービスだと思います。

「ダイレクト型」は代理店の担当者が現場に駆け付けてくれないため、事故対応サービスはロードサービスがカギとなります。

まず、ロードサービスは24時間365日で対応です。事故が起きたときにいつでも電話1本で対応をしてくれます。

また、近年では、セキュリティ会社が現場へ急行してくれるサービスを行なっている「ダイレクト型」もいくつか存在しています。

例えば、イーデザイン損害保険では「セコム事故現場急行サービス」により、24時間365日を通して事故を起こしてしまった場合にセコムがかけつけてくれるサービスを行なっています。

事故現場で困ったことがあれば、あとはセコムに任せるだけです(ただし、専門家でないので相手との交渉はできません)。

代理店の対応が現場に駆けつけるレベルであれば、24時間365日対応してくれる保険会社の方が間違いなく良いです。

「ダイレクト型」を選ぶときは、ロードサービス の良し悪しを確認しつつ、ご自身に合った自動車保険を選んでみて下さい。

 

「ダイレクト型」と「代理店型」の自動車保険の選び方

メリット デメリット
ダイレクト型 ・保険料が安い ・補償内容を自分で選ばなといけない
代理店型 ・代理店が補償内容を選んでくれる ・保険料が高い

私は、「ダイレクト型」の自動車保険をオススメしていますが、補償内容を自分で選ばないといけないデメリットがあります。

しかし、基本的な補償は保険会社ごとで違いはあまりありません。

このため、現在の保険証券通りに保険会社へ申告するだけなので気にする必要はありません。

 

ただし、ディーラーが代理店の場合は、「代理店型」の保険会社をオススメしています。

それは、事故対応と修理を同時に対応してくれるのでとてもスムーズで安心して依頼できるからです。

このようなときは、代理店型の保険会社でも良いかもしれません。

 

総括すると、「ダイレクト型」をオススメしますが、「代理店型」にもメリットがあります。

そのため、保険会社の変更の判断基準は、保険料の安さがポイントとなります。保険料が高いと感じたら、保険会社の変更を検討しましょう。

もし今の自動車保険の保険料が高いと感じたら、下記のボタンで最大20社の保険会社で無料見積もりができるので試してみて下さい。

ご自身が納得できる自動車保険にしてみましょう!

自動車保険の無料見積もりはこちらから

インズウェブ自動車保険一括見積もり
 

 

まとめ

「ダイレクト型」と「代理店型」の違い

  • 「ダイレクト型」は主にネットを通じて、保険代理店を通さずに顧客へ直接、保険を販売する保険会社
  • 「代理店型」は、代理店を通じて、対面により保険を販売する保険会社
  • 「ダイレクト型」「代理店型」どちらもメリット・デメリットがあるが、保険会社の決め手は保険料の安さ

「ダイレクト型」と「代理店型」の自動車保険の違いはわかったでしょうか。

「ダイレクト型」に関しては、年々のロードサービスの向上により、事故対応のデメリットを解消しつつあります。

そのため、「ダイレクト型」の事故対応力は、99%以上の一般的な事故では「代理店型」と比べても変わりません。

ただし、「代理店型」の方が難解な事故での交渉力が強いとされています。

さまざまな事故を想定されていたり、ディーラーの場合は「代理店型」でも良いかもしれません。

以上のことを確認して、ご自身に最適の自動車保険を選んでみましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

自動車保険の保険料を安くしたい「あなた」に!!

自動車保険の保険料は保険会社によって違います。現在、ご加入している自動車保険は満足のいく値段ですか?

安い自動車保険をお探しの「あなた」インズウェブで無料見積もりをしてみましょう!!

インズウェブでは最大20社の保険会社の見積が、たった5分でできます。

私も32,450円の保険料が安くなりました。まずは、無料見積もりから始めてみませんか?

インズウェブの無料見積もりは下のボタンをクリック!!!

自動車保険の無料見積もりはこちらから

インズウェブ自動車保険一括見積もり
 

 

  • この記事を書いた人

損保マン

元大手損保営業マン。 入社時に「事故担当(事故時の専任担当者)」を経験したのち、「リテール営業」を担当しました。この「事故対応」と「営業」の2つの経験を活かして本サイトを運営しています。

-自動車保険
-, ,

Copyright© 損保マン , 2021 All Rights Reserved.