保険会社

三井住友海上火災保険の自動車保険補償内容・ロードサービスを徹底解説!

三井住友海上火災保険は、3メガ損害保険会社の中の1つです。テレビのCMでは大泉洋さん主演で宣伝を行なっています。ただし、放映していることが少ないため見たことない方もいらっしゃるかもしれません。

CMでは宇宙を舞台にしいますが、実際に宇宙保険という保険を取り扱っています(ただし、もともと開発を行なったのは同じMS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保です)。この保険は人工衛星の打ち上げ等に故障や失敗したときの損害を補償するものです。

なかなかユニークな保険ですよね。仮想通貨の取引所のハッキングに関する保険なんかも取り扱っています。

そんなユニークな保険を取り扱っている三井住友海上火災保険は、三井住友銀行にもあるように三井と住友のガチガチの財閥企業です。

ギャップがすごいですよね。

この記事では、そんな三井住友海上火災保険の自動車保険について解説していきます。ぜひ、自動車保険の参考にしてみて下さい。

この記事のポイント

  • 三井住友海上火災保険はどのような企業なのか学ぶ
  • 三井住友海上火災保険の補償内容を学ぶ
  • 三井住友海上火災保険の事故対応を学ぶ
  • 三井住友海上火災保険のロードサービスを学ぶ

三井住友海上火災保険はどのような会社なの?

出典:三井住友海上火災保険「沿革・歴史

三井住友海上火災保険は、3大損害保険グループの1つであるMS&ADインシュアランスグループの主力となっている代理店型の損害保険会社です。

創業は1893年に創業した大阪保険から誕生した格式ある企業になります。2001年に住友海上火災と三井海上火災が合併して三井住友海上火災保険となりました。

2010年にはあいおいニッセイ同和損害保険とグループ企業となり、MS&ADインシュアランスグループとなりました。

 

三井住友海上火災保険が損害保険を販売する方法は?

三井住友海上火災保険は、代理店型の保険会社になります。ディーラーや修理工場等の代理店を通じて保険商品を販売しています。

代理店の中間手数料がないため、代理店型の損害保険会社より、自動車保険を安く提供することができます。

保険会社には、代理店型とダイレクト型の2つの種別が存在しています。この2つの違いについては下の記事でまとめているので興味のある方は、ご参照下さい。

保険会社の違い
「ダイレクト型(通販型)」と「代理店型」の自動車保険はどう違うの?

【6分で読めます。】 自動車保険の保険会社は「ダイレクト型(通販型)」と「代理店型」の2種類が存在しています。 2つの保険会社の違いとして、 「ダイレクト型(通販型)」の保険会社は、保険料が安いけど、 ...

続きを見る

三井住友海上火災保険の保険販売方法

  • 代理店型自動車保険の代理店による販売

 

三井住友海上火災保険の補償内容とは?

三井住友海上火災保険の補償内容を「基本補償」と「主な特約」に分けてご説明します。

基本補償

種目 補償内容
対人賠償保険 相手のケガに対して補償
対物賠償保険 相手の車両や物の損害に対して補償
無保険車傷害保険 無保険車との事故で相手から十分に賠償受けられなかった場合の、自分のケガを補償
人身傷害補償特約
限定あり
自動車に搭乗中等の事故で、自分のケガを保険金額の限度内で補償
搭乗者傷害保険 自動車に搭乗中の事故で自分のケガを症状により、一定金額補償
車両保険
限定あり
自分の車両の損害等に対して補償

限定あり」と記載された種目は、補償の範囲を選ぶことができます。

三井住友海上火災保険の基本補償は、「自分・相手」の「ケガ」、「車両・物の損害」の基本的な部分を補償しているので充実していると言えます。

この中で、「人身傷害補償保険」や「車両保険」は補償の適用範囲を任意で選ぶことができるので、保険料に合わせて自由に補償を選ぶことができます。

基本補償のポイント

  • 充実している基本補償
  • 保険料に応じて補償内容を自由に設定できる

 

主な特約

特約とは、基本補償に付けるオプションのことを言います。特約を付けることで補償の範囲は広がりますが、保険料は高くなります。補償と保険料の兼ね合いを考えて特約をつけましょう。

種目 補償目的
対物超過修理費用
補償特約
対物事故で相手の車両の修理代が時価額を超えた場合、時価額に50万円を上乗せして修理できる補償
弁護士費用等補償特約 被害事故の弁護士費用を補償
ファミリーバイク特約 所有している原動機付自転車も合わせて補償
個人賠償責任特約 車両事故以外の日常生活で相手にケガや相手の物を壊してしまった場合の損害を補償

三井住友海上火災保険の特約は、他の保険会社と同じような特約になっています。基本的な部分を抑えているので充実していると言えます。

 

代理店型の保険会社に言えることですが、補償に関しては全く問題ありません。その代わり、少し保険料が高くなってしまうというデメリットがあるわけです。

基本的に、三井住友海上火災保険の自動車保険は他の代理店型の自動車保険と比べて弱いです。それは、同じMS&ADインシュアランスグループである あいおいニッセイ同和損保との機能別再編により自動車保険をメインの事業から外しているからです。

反対に、三井住友海上火災保険は火災保険や海上保険に力を注いでいます。

ただ、ダイレクト型の保険会社と比べると事故の交渉能力や補償に関してしっかりしていることが多いので、事故の交渉能力や補償を需実させたいのであれば三井住友海上火災保険のような代理店型の保険会社に加入することをオススメします。

特約のポイント

  • 充実した特約の補償内容

 

三井住友海上火災保険の事故対応の受付は?

事故受付 365日24時間
初期対応 土日・祝日問わず当日対応(ただし、入庫等は修理工場の営業時間)
初動受付 平日9:00~17:00(土日・祝日・12月31 日~1月3日を除く)
  • 事故受付:簡単な事故内容を聞き、事故を受け付ける。
  • 初期対応:レッカー手配、修理工場への誘導、相手への連絡等の事故対応を行う。
  • 初動受付:専任担当者が決められ、正確な事故内容の確認等を行うため、契約者・運転者へ連絡を行う。

基本的に、「事故受付」と「初期対応」は同時に行われます。しかし、事故受付が夜間になると「初期対応」が翌日に回される保険会社が多いです。

この「初期対応」が翌日に回される時間は、保険会社によって異なります。

夜間の「初期対応」で、修理工場への連絡は営業時間外の場合が多いので、やむ終えないことが多いですが、相手方への連絡は緊急を要することがしばしばあります。

そのため、「事故受付の時間」だけではなく「初期対応の時間」に注意することが大切です。できるだけ「初期対応」を当日行なう保険会社が安心と言えるでしょう。

三井住友海上火災保険の事故対応は、他の代理店型の保険会社が行なっているサービスとほとんど変わりません。事故対応においては、一般的に充実していると言えますが、飛び抜けているわけではなく一般的な損害保険会社と言えます。

 

三井住友海上火災保険のロードサービスの内容は?

無料レッカー 30万円(500km程度)
無料代車 指定の修理工場での修理時、またはレンタカー7,000円(事故:最大30日、故障:最大15日)
緊急対応 バッテリー上がり時のジャンピング、キー閉じ込み時のドアの解錠、パンク時のスペアタイヤ交換、現場で30分以内に完了する応急修理・軽作業
ガソリン補給 10リットルまで無料(保険期間内1回限り)
帰宅・宿泊
(1人あたり)
帰宅費用:15,000円、宿泊費用:20,000円(免責金額:1,000円)
ロードアシスタンス
拠点
約4,300ヶ所
指定修理工場
記載なし
その他サービス 各種情報提供サービス、GPSサービス

*ただし、ロードサービス費用特約のセットが必要

ロードサービスは、無料でどこまでサービスを受けられるかがポイントとなります。有料で良いならほとんどの損害保険会社が特約によりサービスを行なっています。保険料を抑えつつロードサービスの良し悪しで自動車保険を選んでみても良いかもしれません。

三井住友海上火災保険のロードサービスは特に優れているサービスはありません基本的なポイントを抑えています。

ただ、他の代理店型の保険会社と同程度か少しだけ補償が少ないところもありますが問題ありません。

これらのサービスが24時間365日受けられるので、充実している保険会社と言えるでしょう。

三井住友海上火災保険のロードサービスポイント

  • 24時間365日安心のロードサービスを受けられる

 

まとめ

三井住友海上火災保険の、ポイントは2つです。

まとめポイント

  • 代理店による相談や事故対応が受けやすい
  • 補償内容を保険料に応じて自由に選ぶことができる

三井住友海上は、自動車保険というよりは火災保険や海上保険をメインとして取り扱っています。こうした保険の多くが企業向けに作られた保険商品が多く、自動車保険に関しては少し弱い部分があります。

ただし、保険商品のレベルや企業の質を見ても優秀な部分が多いため全く問題はありません

歴史も古く、さまざまなことにも挑戦を行う体制を取っているので、三井住友海上に興味を持ったら代理店に相談してみると良いかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

自動車保険の保険料を安くしたい「あなた」に!!

自動車保険の保険料は保険会社によって違います。現在、ご加入している自動車保険は満足のいく値段ですか?

安い自動車保険をお探しの「あなた」インズウェブで無料見積もりをしてみましょう!!

インズウェブでは最大20社の保険会社の見積が、たった5分でできます。

私も32,450円の保険料が安くなりました。まずは、無料見積もりから始めてみませんか?

インズウェブの無料見積もりは下のボタンをクリック!!!

自動車保険の無料見積もりはこちらから

インズウェブ自動車保険一括見積もり
 

 

  • この記事を書いた人

損保マン

元大手損保営業マン。 入社時に「事故担当(事故時の専任担当者)」を経験したのち、「リテール営業」を担当しました。この「事故対応」と「営業」の2つの経験を活かして本サイトを運営しています。

-保険会社
-, ,

Copyright© 損保マン , 2021 All Rights Reserved.