損害保険

生命保険と損害保険の違い

【4分で読めます。】

生命保険損害保険の違いはどこにあるのでしょうか?

聞き慣れた言葉ではありますが、明確に答えられる方は少ないかもしれません。

まず『保険』とは、日常に起こりうる「リスク」による出費を備えるためのものです。

例えば、病気やケガ、自動車事故や、はたまた自然災害により発生した費用を補償します。

そして、『保険』はこれらの「リスク」の違いにより、3つの分野が分けられています。

3つの分野とは、『生命保険』、『損害保険』、『第三分野の保険』です。

この「リスク」の違いが生命保険、損害保険の違いとなるわけです。

この記事では、3つの分野の違いについて詳しく解説していきます。

 

違いを正確に覚える必要はありませんが、頭の片隅に入れていただくだけでも『保険』をイメージしやすくなると思いますよ。

 

『生命保険』・『損害保険』・『第三分野の保険』について知る

『生命保険』、『損害保険』、『第三分野の保険』は上の図のように分けることができます。

3つの保険分野

  • 『生命保険』 ⇨ 『第一分野
  • 『損害保険』 ⇨ 『第二分野
  • 『第三分野の保険』 ⇨ 『第三分野

『第三分野』はそのままですが、『生命保険』や『損害保険』にも同じように数字で分野が分けられています。

この3つの分野は、適当に決められているわけではなく、保険業法という法律で定められています。

そのため、保険会社は好き勝手に3つの分野の保険を取り扱うことができません。

定めれらた法律に即して、保険会社は保険商品を取り扱わなければならないのです。

このため、下のように企業の種別ごとに取り扱いが決められています。

企業種別ごとの取扱できる保険

  • 『生命保険』 ⇨ 生命保険会社のみ取扱可能
  • 『損害保険』 ⇨ 損害保険会社のみ取扱可能
  • 『第三分野の保険』 ⇨ 生命保険会社 と 損害保険会社 どちらも取扱可能

 

生命保険について

生命保険とは、私たちの『生活』のリスクに備える保険です。

生命保険は、病気やケガ、ご家族が亡くなられてしまった場合の経済的負担に備える保険になります。また、「個人年金保険」や「学資保険」等の将来に向けて積み立てる保険でもあります。私たちが、暮らしの中で起こる不測の事態に備えるためのものになります。

主な生命保険 保険の内容
終身保険 ご家族が障害や亡くなってしまったときに、生涯支払われる保険
定期保険 ご家族が障害や亡くなってしまったときに、一定期間支払われる保険
養老保険 ご家族が亡くなってしまったときに、満期時に支払われる保険
個人年金保険 契約時に決めた年齢から一定期間、年金が受給できる貯蓄型保険
学資保険 子供の教育資金として支払われる貯蓄型保険

 

損害保険について

損害保険とは、『事故』や『災害』のリスクに備える保険です。

損害保険は、偶然に起きた「自動車事故」や「火災」、「ケガ」等の損害によって生じた経済的負担に備える保険です。また、相手の身体・物を傷付けたことにより生じた賠償も損害保険でまかなうことができます。私たちが、予期せぬリスクに備える大切な保険です。

主な生命保険 保険の内容
自動車保険 自動車事故による自身や相手の
「ケガ」「車両等の損害」に対する保険
火災保険 火災・落雷・水災等による損害に対する建物・家財の保険
地震保険 地震による損害に対する建物・家財の保険
傷害保険 事故による自身の「ケガ」に対する保険
個人賠償責任保険 相手の「ケガ」や「物の損害」に対する賠償を補償する保険

 

第三分野の保険について

第三分野の保険とは、「生命保険」と「損害保険」のどちらにも属すか、属さないような保険の総称です。

昔は、第三分野という明確な括りはありませんでしたが、今現在は保険業法により定められています。「生命保険」「損害保険」の中間に位置している保険なので、どちらの保険会社でも取扱が可能となっています。

主な第三分野の保険 保険の内容
ガン保険 「ガン」に対する治療費負担や給付を行う保険
介護保険 公的な介護保険でまかなえない部分を補償する介護の保険
就業不能障害保険 働けない状態となったときに、一定額を受給できる保険

 

まとめ

保険は多くの種類がありますが、全ての保険は「生命保険」「損害保険」「第三分野の保険」の分野に分けることができます。

冒頭にも申し上げましたが、この分野を正確に覚える必要はございません。

しかし、この記事を読んでいただいた方は、保険のイメージが付いてきたのではないでしょうか。

また、こんな保険があったのかと思われた方もいらっしゃると思います。

もし、興味を持たれたようであれば、その保険を深く調べてみてください。

あなたが生活の中で、不安に思っていたことが少しでも解消されるかもしれません。

少しでも多くの方が、不安を解消できればと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

自動車保険の保険料を安くしたい「あなた」に!!

自動車保険の保険料は保険会社によって違います。現在、ご加入している自動車保険は満足のいく値段ですか?

安い自動車保険をお探しの「あなた」インズウェブで無料見積もりをしてみましょう!!

インズウェブでは最大20社の保険会社の見積が、たった5分でできます。

私も32,450円の保険料が安くなりました。まずは、無料見積もりから始めてみませんか?

インズウェブの無料見積もりは下のボタンをクリック!!!

自動車保険の無料見積もりはこちらから

インズウェブ自動車保険一括見積もり
 

 

  • この記事を書いた人

損保マン

元大手損保営業マン。 入社時に「事故担当(事故時の専任担当者)」を経験したのち、「リテール営業」を担当しました。この「事故対応」と「営業」の2つの経験を活かして本サイトを運営しています。

-損害保険
-, ,

Copyright© 損保マン , 2021 All Rights Reserved.