特約

地震・噴火・津波による車両損害は補償できない?補償するための特約をご紹介!

自動車保険では、地震・噴火・津波が原因で起きた損害は、補償できないことをご存知でしょうか(ただし、津波は地震・噴火により発生したものに限る)。

保険会社の基本的な補償では、これらが原因で事故が起きたときの、ケガや車両・モノの損害は一切補償していません。

過去にはこれらが原因でも支払が可能な制度がありましたが、東日本大震災の影響で保険会社が多額な保険金を払った経緯もありほとんどがなくなってしまいました。

実際に、地震・噴火・津波が起きたとき、私たちの自動車による損害はどうした良いのでしょうか。

実は、これらが原因により自動車保険の保険金が支払われる特約があります。

この記事では、そんな地震・噴火・津波で起きた損害について、自動車保険で支払うことができる特約をご紹介します。

補償としては小規模ですが、当座の資金に役に立つと思います。ぜひ、参考にして下さい。

地震・噴火・津波が原因の車両損害を補償する特約とは?

冒頭でお話した通りに、自動車保険では基本的に地震・噴火・津波により損害が発生した場合の補償を行なっていません。

しかし、自動車保険で地震・噴火・津波による損害の補償を行なっている特約があります。

それは、「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」と呼ばれる特約です。

では、この特約の詳細をみていきましょう。

地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約とは?

地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約とは、車両保険に付帯する特約です。そのため、この特約を付帯するためには車両保険に加入していなければなりません。

車両保険は自動車保険で契約してる車両(自分の自動車・バイク等)に損害を補償する保険です。

車両保険の詳細については下の記事を参照して下さい。

車両保険
車両保険はどんな補償なの?自動車保険の初心者へわかりやすく解説します!

【5分で読めます。】 車両保険は、自分の車が傷つたり破損してしまったときの修理費を補償する保険です。 また、車が修理できないくらい破損してしまったときは、契約で決めた車両保険の限度額を保険金として受け ...

続きを見る

地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約の補償内容

地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約の補償内容

地震・噴火または、これらによる津波によって契約をしている車両が全損となった場合、一時金として50万円が支払われる

全損とは、車両が修理できない状態のことを指します。

つまり、地震・噴火・津波により車両が修理できない状態になることで、一時金である50万円が支払われる特約になります。

全損に関しては、少し複雑な部分があるので詳細を知りたい方は下の記事を参照して下さい。

全損と分損
自動車保険の「全損」と「分損」の違いとは?定義や意味について徹底解説!!

【約5分で読めます。】 自動車事故を起こしてしまったときに、保険会社から車が「全損」と言われた経験があるかもしれません。 「全損」とは、車両の損害の状態とことをあらわしています。 「全損」と聞くと、修 ...

続きを見る

津波による車両損害について

この特約では、津波は地震・噴火により発生した場合に補償となります。

ここで少し注意しなければいけないのが津波と高潮の区別です。

津波は車両保険で支払われないですが、高潮は車両保険の対象となっています。

ちなみに、高潮とは台風等の低気圧が接近することにより海面が上昇する現象です。ときに海面上昇により、堤防を海水が乗り越えて洪水になってしまうことがあります。

海辺近くで高潮だけを気にされている方は、車両保険だけで補償されるので気をつけて下さい。

車両保険金額が50万円より小さい場合の補償はどうなるの?

車両保険には、保険金額という保険金が支払われる限度額を契約時に定めます。

保険金を支払われる限度額であるので修理費用が保険金額を超えたとしても、定めた保険金額で保険金が支払われることになります。

地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約では、この車両保険の保険金額が50万円より小さい場合、

一時金は50万円ではなく保険金額での支払いになります。支払いの例をみていきましょう。

車両保険金額:100万円の場合

車両保険金額:100万円 > 50万円

つまり、地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約では50万円支払われます。

車両保険金額:40万円の場合

車両保険金額:40万円 < 50万円

つまり、地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約では40万円支払われます。

地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約は付帯した方がいいの?

地震・津波に関する被害を補償する保険は基本的に火災保険に付帯する地震保険が一般的です。

自動車保険では、この「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」を覗きほとんどありません。

火災保険に付帯する地震保険では、最高でも新築の価値の50%までしか付帯することができず十分とは言えません。

少しでも地震・津波に備えたい方は一時金50万円でも当座の出費に使うことができる付帯をオススメします。

保険料に余裕があり、海岸近くにお住まいの方や地震が予測される地域の方は考えてみて下さい(ただし、地震予測の制度は完璧ではないので注意が必要です)。

実は地震等の損害でも車両保険の保険金額の限度まで支払われる特約がある

地震・噴火・津波「車両損害」特約と呼ばれる特約がいくつかの保険会社にあります。

この特約は、地震・噴火・津波により契約している車両に損害が発生したとき、車両保険の保険金額を上限として補償してくれます。

この特約では、分損・全損に関わらず支払われ、車両保険の保険金額を上限として補償するので、補償内容としては地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約より良いものとなっています。

しかし、付帯には難しい申請が必要となり、全ての人が付帯できるわけではありません。

このため、一般的に地震等の損害に備えるための特約は、地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約となっています。

地震・噴火・津波「車両損害」特約について詳しく知りたい方は、下の記事で紹介しているのでご参照下さい。

地震等を補償
【2020年度版】地震・噴火・津波「車両損害」特約を徹底解説!!

自動車保険では、基本的には地震・噴火・津波により契約している車両に損害が発生した場合、補償を行なっていません。 これは、大地震が起きてしまうと、一度に多くの損害が発生するので、保険会社が支払えなくなっ ...

続きを見る

まとめ

この記事のまとめ

地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約では、地震・噴火または、これらによる津波によって契約をしている車両が全損となった場合、一時金として50万円が支払われる

自動車保険を含めて、ほとんどの保険では地震に関する補償を行なっていません。

火災保険に付帯できる地震保険は、そのうちの1つです。

私が損害保険会社の社員のとき、大きな地震が起きれば現地で災害支援を行なっていました。

地震保険は十分とは言えなかったですが、保険金が支払われることがわかり泣き崩れる方もいらっしゃいました。

その一方で、地震によって全ての資産が失われる方もいらっしゃる現実があることに心を悩ませることもありました。

地震保険もそうですが、地震・噴火・津波危険全損一時金特約も地震に関する損害を補償する数少ない特約です。

日常的に地震があるこの国で、少しでも備えるために、このような特約を付帯しても良いかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

自動車保険の保険料を安くしたい「あなた」に!!

自動車保険の保険料は保険会社によって違います。現在、ご加入している自動車保険は満足のいく値段ですか?

安い自動車保険をお探しの「あなた」インズウェブで無料見積もりをしてみましょう!!

インズウェブでは最大20社の保険会社の見積が、たった5分でできます。

私も32,450円の保険料が安くなりました。まずは、無料見積もりから始めてみませんか?

インズウェブの無料見積もりは下のボタンをクリック!!!

自動車保険の無料見積もりはこちらから

インズウェブ自動車保険一括見積もり
 

 

  • この記事を書いた人

損保マン

元大手損保営業マン。 入社時に「事故担当(事故時の専任担当者)」を経験したのち、「リテール営業」を担当しました。この「事故対応」と「営業」の2つの経験を活かして本サイトを運営しています。

-特約
-,

Copyright© 損保マン , 2021 All Rights Reserved.