保険料の割引

新車割引はどんなときに適応されるの?自動車保険で保険料安くするための活用しよう!

自動車保険では、新車で保険に加入すると新車割引により保険料を安くすることができます。自動車保険は、車両保険を付帯すると保険料が高くなってしまいます。

特に、新車は古い車に比べて車両保険の保険料が高くなる傾向にあるので、少しでも保険料を安くするためには必要な割引制度です。

この新車割引を使うためには条件があります。それは、初度登録年月が新しい自動車でなければなりません。

この記事では、そんな新車割引についてどんな車両が割引の対象になるか詳しく解説します。

新車購入をお考えの方は参考にしてみて下さい。

また、この記事の最後に新車割引だけではなく、保険料を安くするコツも載せています。ぜひ最後まで読んでみて下さい。

新車割引とはどんな割引なの?

新車割引とは

新車割引とは、保険の始期日が初度登録年月から25ヶ月以内に契約をした車両に適用される割引です。

新車割引は、上記のように割引できる期間が決められています。初度登録年月から25ヶ月以内に契約した自動車ですので、「最長3年間」の新車割引を利用することができます。

また、25ヶ月以内であれば中古車でも新車割引を適用することができます。

 

どんな補償が割引になるの?

新車割引の対象となる補償

新車割引の対象になる補償は、上記のようになります。それぞれの補償で割引率は異なるとともに、保険会社ごとでも割引率は異なります。

新車では特に車両保険の保険料が高い傾向にあるので、車両保険の割引率が高くなっています。

このように、新車でも保険料の値上がりをできるだけ抑えて、補償を充実できるようにしているのです。

 

保険会社ごとに補償できる車両の用途車種が異なる

新車割引は、保険会社ごとに取り扱っている車両の用途車種が異なります。取り扱っている車両の用途車種をまとめましたので、みていきましょう。

 

代理店型の保険会社

保険会社 用途車種
自家用普通乗用車 自家用小型乗用車 自家用軽四輪乗用車
東京海上日動
損保ジャパン日本興亜
三井住友海上
あいおいニッセイ同和
AIG損保

代理店型の保険会社とは、保険会社が直接販売を行うわけではなく代理店を通じて保険を販売する保険会社のことを指します。

代理店型では、「自家用普通乗用車」「自家用小型乗用車」「自家用軽四輪乗用車」で新車割引が適用されます。

 

ダイレクト型の保険会社

保険会社 用途車種
自家用普通乗用車 自家用小型乗用車 自家用軽四輪乗用車
ソニー損保 ✖️
チューリッヒ損保 ✖️
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト ✖️ ✖️ ✖️
SBI損保 ✖️
イーデザイン損保 ✖️
セゾン自動車火災
セコム損保

ダイレクト型の自動車保険とは、主にインターネットを通じて直接、保険の販売を行なっている保険会社になります。

ダイレクト型の自動車保険では、代理店型と違い「自家用軽四輪乗用車」に新車割引が適応できない保険会社が多くみられます。

ちなみに、「自家用軽四輪乗用車」とは、俗に言う「軽自動車」のことを指します。

 

新車割引が切れると保険料は上がってしまう

新車割引は、「最長3年間」利用することができます。そして、この新車割引の期間が過ぎると保険料は、ほとんどの契約で値上がりしてしまいます。

車両保険は、車両の年月が経つごとに補償できる金額が下がるので保険料も下がります。また、等級も上がることで保険料が下がります。

このような保険料を下げる要因もあるのですが、新車割引の割引額が大きいので新車割引の期間が過ぎてしまうと、保険料は値上がりをしてしまいます。

事故もしていないのに保険料が去年より高くなってしまったときは、新車割引が原因の場合があります。

そんなとき、値上がりした保険料でも問題がなければ良いですが、保険料に納得ができなければ補償の見直しが必要になるかもしれません。

そんな方は、ぜひ次で保険料を安くするコツをお伝えします。本当に安い自動車保険を考えている方は試してみて下さい。

 

新車割引だけでなく、保険料をもっと安くしたい「あなた」へ

新車に付帯する自動車保険は、どうしても保険料が高くなってしまいがちです。等級を引き継ぐわけではなく新規で自動車保険に入られる方は、特に保険料が高く付きます。

もちろん、新車割引等の割引制度で保険料を抑えることができますが、高く感じる方も多いかもしれません。

そんなとき、どうしたら良いのでしょうか?

 

新車を購入された方は、ほとんどがディーラーで保険に加入されている方だと思います。ディーラーの担当者に言われるがままに保険を付けたら保険料が高くなってしまったなんてことはザラです。それは、保険料を少しでも高くすることで、ディーラーの収益が増えるからです。

ディーラーで保険を契約することで、事故が起きたときのサポートを求められている方であればディーラーで契約をした方が良いです。

しかし、どうしても保険料を抑えたい方は保険会社を自分で選ぶことが大切です。

 

そんなときに、役に立つのが多くの保険会社の見積もりを同時に行なってくれる見積もりサイトです。

インズウェブの見積もりサイトでは、最大20社の保険会社の見積もりを最短5分の必要事項の記入により無料で見積もりを行なってくれます。

1つ1つ保険会社ごとに、必要事項を記入することなく1回の入力で行うことができます。

必要な書類は、「保険証券」と「車検証」だけです。等級の引き継ぎではなく、新規での保険の加入は「車検証」のコピーだけで大丈夫です。

本当に保険料を安くしたい方は、このような見積もりサイトをご利用してみてはどうでしょうか。

インズウェブの無料見積もりは下のボタンをクリック!!!

自動車保険の無料見積もりはこちらから

インズウェブ自動車保険一括見積もり
 

 

まとめ

この記事のまとめ

  • 新車割引とは、保険の始期日が初度登録年月から25ヶ月以内に契約をした車両に適用される割引
  • 保険会社ごとに割引ができる車両の用途車種が異なる
  • 新車割引の期間が切れると保険料金上がるので注意

自動車保険は、90%以上がディーラー等の代理店で契約している方になります。CMでお馴染みのソニー損保のようなダイレクト型の保険会社での契約は、ほとんどないのです。

それだけ、事故対応に不安を抱えている方もいらっしゃれば、単純に知識がないからかもしれません。

ただし、私のサイトを見て下さればわかりますが、自動車保険はそれほど難しいものではありません。

また、事故対応でも代理店ではなく保険会社のサービスにより、サポートしてくれるのが基本になります。

そうなれば、あとは自動車保険を自分で選んで保険料を安くするのみです。

新車割引も含めて自動車保険はさまざまな割引制度があり、保険会社ごとに割引率も異なります。

このため、それぞれの保険会社で比較を行わなければ、保険料を安くすることができないのです。

本当に安い自動車保険を求めている方は、ぜひインズウェブのような比較サイトで見積もりをしてみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

自動車保険の保険料を安くしたい「あなた」に!!

自動車保険の保険料は保険会社によって違います。現在、ご加入している自動車保険は満足のいく値段ですか?

安い自動車保険をお探しの「あなた」インズウェブで無料見積もりをしてみましょう!!

インズウェブでは最大20社の保険会社の見積が、たった5分でできます。

私も32,450円の保険料が安くなりました。まずは、無料見積もりから始めてみませんか?

インズウェブの無料見積もりは下のボタンをクリック!!!

自動車保険の無料見積もりはこちらから

インズウェブ自動車保険一括見積もり
 

 

  • この記事を書いた人

損保マン

元大手損保営業マン。 入社時に「事故担当(事故時の専任担当者)」を経験したのち、「リテール営業」を担当しました。この「事故対応」と「営業」の2つの経験を活かして本サイトを運営しています。

-保険料の割引
-

Copyright© 損保マン , 2021 All Rights Reserved.